脱ステと脱保湿、どっちが先?

ステロイド 保湿剤 どちらを先にやめるべきかわかりますか?

問題です!

ステロイドと保湿剤、どちらを先にやめたほうがいいと思いますか?

  • ① ステロイドが先
  • ② 保湿剤が先
  • ③ ステロイドと保湿剤を同時

正解は②の保湿剤が先です。

保湿剤を先にやめたほうがリバウンドを少なくできて、治るまでの期間を短くできます。
なにより生活がしやすく、楽というのが大きなメリットですね。

では保湿剤を先にやめたほうがいい理由について詳しく解説していきます。

これから脱ステ・脱保湿を考えている人には参考になるのでぜひ読んでください。

リバウンドを
強くしているのは保湿

実はリバウンドを強くしているのは保湿なんです。

ここでいう保湿とは

保湿剤、化粧水、乳液、クリーム、オイル、長時間の入浴・汗・ムレなど保湿効果あるもの

そう私がいうと、みなさん驚きます(笑)

皮膚科の先生もこの事実を知りません。
なぜかというと、

アトピーの標準治療がステロイドと保湿剤を一緒に使うため、どっちがリバウンドを強くしているか分からないからです。

患者さんはステロイドにはリスクがあるが、保湿剤にはリスクがないと思っているので、ステロイドは減らしても保湿剤は減らさないことが多いです。

ステロイドを使ったことのある人は分かると思いますが、効果がてき面に現れ、即効性もありますよね。
この事実が「ステロイドは副作用が怖いから使いたくない、でも保湿は大丈夫だろう」とよけいに錯覚させてしまうのかもしれません。

もし、保湿剤がステロイド以上にリバウンドを強くするという認識が広がっていれば、難治化する人やリバウンドで苦しむ人が減ると思います。

事実、当院に初めていらっしゃる患者さんの大半は保湿で悪化して苦しんでいます。
正しい脱保湿を先にすれば、リバウンド症状はかなり抑えられ、生活も楽になります。
患者さん自身がそれを体験します。

  • 保湿しない方が楽だ
  • 肌が自然になった
  • 今まで余計なことしたんだ
  • 保湿の洗脳が溶けた!(笑)

こんな感じのことをみなさん言いますよ。

どうして保湿で
リバウンドが強くなるのか?

リバウンドは炎症なんですが、本当の正体はです。

そして、保湿剤も水です。

察しのいい人は分かったかもしれませんね。

リバウンドと保湿の関係は、火と油なんです。
まさに火に油を注いでいるのと同じなんですね。

少し詳しく解説します。

肌に保湿剤を塗ると皮膚組織に水分を集め、潤っている状態を作ります。

一見、肌にとってはいいように見えますが、実際そんなことありません。
なぜなら、この肌の正体は人工的に作ったむくみだからです。

そして保湿剤を使い続けると、肌は赤く腫れ上がって異常にかゆくなります。

このときの肌は水を外に出したがっていますが、もしステロイドで腫れを強制的に止めてしまうと、肌に水を閉じこめてしまいます。

これを繰り返して、いざ脱ステをするとどうなるか?

そうです。

爆発します

今までため込んだ水が肌から一気に噴き出し、強烈なリバウンドになります。

この原因は肌にため込んだ水なので、肌の水分を減らすことでリバウンドを弱くすることができます。

脱ステのリバウンドは
大したことない

では脱ステのリバウンドについてみていきます。

ステロイドは免疫を抑え、炎症をストップします。

そして脱ステをするとストップしていた炎症が再スタートします。

ただこれだけです。

つまり、ステロイドを使ったからといって、リバウンドの炎症が何倍にもなるということはないんです。

ステロイドのみを使っていれば、脱ステのときも軽いリバウンドしか起きません。

激しいリバウンドとステロイドは関係がないということです。

脱保湿を先にしましょう

ということで、ステロイドと保湿剤を使っている人は、まず脱保湿からしましょう。

リバウンドを強くしているのは保湿です。

保湿でできたむくみを先に減らしたほうが、リバウンドを軽くできます。

またそのときは水分制限、入浴制限、運動も一緒にすると、むくみを早く抜くことができます。

脱保湿後、塗り続けているステロイドもいずれやめないといけませんが、そのタイミングは乾燥して赤みが抜けてきてからです。

このほうが生活の質をキープできて、肌が安定するのも早いです。

脱保湿、水分制限、入浴方法、運動などについて分からない人には、LINEで相談も受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

ステロイド 保湿剤 どちらを先にやめるべきかわかりますか?
アトピーと臨床の最新情報はこちら