脱保湿のかさぶた、いつまでキープするの?

脱保湿のかさぶた、いつまでキープするの?

脱保湿や脱風呂を始めた後、かさぶたができますよね。

これ、いつまでキープすればいいの?

か、気になりませんか?

早く取りすぎても、キープしすぎても、アトピーは治りません

ほとんどの人が初めて経験することなのでわからないのは当然ですね。

かさぶたを早く取りすぎてしまう人は

  • 見た目が気になって
  • 癖で取ってしまう
  • すっきりするから
  • 取ると治ったような感じになる
  • ストレスで触ってしまう

というような理由です。

かさぶたを早くとってしまうと、未熟な皮膚が露出してしまうので、皮膚がなかなか治りません。
これは本人が気を付ければ防ぐことができますね。

問題はいつまでかさぶたをキープするか?

目安は1週間ですね

当院の患者さんには

来院される患者さんには直接肌を見たり、LINEで写真を送ってもらって、タイミングを判断しています。実際に1週間以内のことが多いです。

1週間ずっとついているかさぶたはほぼ不要です。
もし乾燥してかさぶたが順調に作られたのであれば、落屑(かさぶたが落ちたもの)を増えているはずです。
手を触れただけで落ちるようなかさぶたも必要ありません。

その時は石鹸と綿タオル(以後、石鹸タオル)で体を洗ってください。
洗顔は石鹸で洗って大丈夫です。

では、かさぶたはできているけど、その下が赤い、ジュクジュクのときはどうするか?

その場合も、一度タオルで洗っていいです。

まだ下の皮膚が不安定なのに洗っていいの?

と不安に思われるかもしれません。

1週間たっても安定しないような肌は、何かしら他の理由があって治らない場合が多いです。
その状態でさらにかさぶたをキープしても、状況が変わらないことがほとんどです。

また傷口をさらし続けてしまうと感染症の可能性がでてしまうので、一度、石鹸タオルでリセットしてあげたほうがいいでしょう。

リセットするとその刺激で肌のターンオーバーが進み、停滞した肌が治りやすくなることがあります。

慢性炎症で焦げてしまった肌はそれだけで代謝が落ちています。

ターンオーバーをアップするために、たまに石鹸タオルで洗う

という考え方もあるということを覚えておいてください。

タオルで洗うといってゴシゴシ力を入れて擦ってはだめです。
健康な肌をふつうに洗うくらいの力でいいです。

ネットでかさぶたのついた肌の写真をよく見かけますが、「その肌、もう洗ったほうがいいよね~」というのをよく見かけます。
かさぶただらけの肌では、仕事や生活の質が落ちてしまうので、適度にコントロールしてあげたほうがいいですよね。

また、我慢した割には肌が治らないということはよくあります。
効率よく肌を治すには経験と知識が必要です。
私の微力ながらの知識がお役に立てばと思いますので、ホームページを読んでもわからないことはLINEでご連絡ください。

遠回りしていいたアトピー治療に近道が見つかるかもしれません。

脱保湿のかさぶた、いつまでキープするの?
アトピーと臨床の最新情報はこちら