保湿依存について徹底解説!

保湿依存について徹底解説!

毎日、保湿しながら

保湿依存にならないかな、、、

と心配している。

それ、もう保湿依存は始まってますよ!

ここでは保湿依存について、くわしく解説していきます。

この保湿依存を理解することで、

  • アトピーが難治化するのを防げる
  • 脱保湿をかんたんに終わらせる

ことができます。

保湿依存について少しでもわからないことがある人は、ぜひ読んでください。

保湿依存の肌って
どんな状態?

保湿依存の肌は文字通り、保湿剤に依存している肌のことです。

定期的に保湿をしないと、乾燥、かゆみ、痛みなどの症状が現れてしまいます。

とくに入浴後は皮脂が落ち、水分が飛ぶので、乾燥が強くなります。
保湿依存の強い人は、乾燥やほかの症状がつらく、保湿せずにいられません。

保湿依存の軽い人は、「乾燥肌だから保湿しようかな」という程度だったりします。

どうして保湿依存になるの?

どうして保湿依存になるかというと、肌が保湿剤で潤っている環境に慣れてしまい、肌自身の保湿力が弱まってしまうからです。

よく、

保湿は肌を甘やかしてしまう。

と言われますね。

この理由を否定するお医者さんもいますが、私は今までの臨床経験からこれは事実だと言い切れます。

最初は軽い乾燥肌でも、強い保湿剤を塗り続けていると、乾燥肌はひどくなり、保湿依存も強くなります。

乾燥肌はしっかり保湿!
を鵜呑みにしてはいけない

アトピーの人は生まれつき乾燥肌。
だから、保湿剤が必要!

いいえ、違います。

保湿してるから乾燥肌なんです。

なんでもかんでも異常と判断して、思考停止するのはやめましょう。

体は環境に適応する能力を持っています。
保湿しないで乾燥状態にしていれば、肌を潤す能力もあがってきます。

ただ、体の歪みで筋肉が硬かったり、運動不足で血行が悪い人は、なかなか乾燥肌が治りません。

そういう人は、まず肌の血行をよくすることが必要です。

保湿依存は治るの?

保湿依存は次のことに気をつけると治せます。

  • 脱保湿
  • 体の歪みを整える
  • 運動
  • スキンケア
  • 生活習慣を変える

いま保湿剤が欠かせない人にとっては、信じられないかもしれませんが、最終的にどんな人でも保湿は不要になります。

保湿を続ける人には
現状維持 or 難治化の未来しかない

保湿剤で肌を甘やかしている限り、肌がよくなることはなりません。

むしろ、保湿依存が強くなり難治化してしまう可能性があります。

難治化したアトピーは赤黒く、異常にかゆいです。

その難治化した状態で脱保湿すると、リバウンドは激しくなります。

一方、軽い乾燥肌で脱保湿するのであれば、リバウンドもしんどくありません。

保湿依存を治すなら、絶対早めがおすすめです。

それでも保湿を
やめるのが怖い人へ

何年も保湿してきた人にとって、保湿をやめるのは怖いかもしれません。

その気持ちも分かります。

保湿をやめると肌がガビガビになり、皮がボロボロ落ちるのでいい気分はしません。
ひとの目も気になり、外出するのも嫌になるかもしれません。

ただ、こんな未来を想像して悩み続けても、未来はなにも変わりません。

何年も同じことをしてきて治る手ごたえがないなら、これから先同じことをしてもよくなることはないでしょう。

ひとりで悩むのに疲れた人は、LINEでご相談ください。

お力になれると思います。

今、アトピーが悪化して
不安な方へ
  • 脱ステ・脱保湿を始めたけど不安
  • リバウンドが辛い
  • 相談できる人が周りに居ない
  • どんどん悪化して手に負えない
  • 死ぬほど辛い
  • 誰も私を助けられない

今、アトピーで悩んでいる人のために無料相談のLINEアカウントをご用意しています。 詳細は下記のリンクからご覧ください。

保湿依存について徹底解説!
アトピーと臨床の最新情報はこちら
>自己紹介

自己紹介

はじめまして、初田と申します。ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 私は地元の小豆島高校を卒業後、上京し整体、鍼灸の専門学校を卒業し、鍼灸の国家資格を取得しました。 その後、都内の鍼灸整骨院に勤務しながら、7年ほどオステオパシー、カイロプラクティックのセミナーを受け、臨床の経験を積んできました。 現在はカイロプラクティック、オステオパシー、エネルギーヒーリングの手技を中心に組織のリズムを整える「触れるだけ」の施術をしています。 整体が初めてで不安な方にも抵抗無く受けていただけます。

CTR IMG