親らしくより、あなたらしく

  • 2022年2月20日
  • 2022年2月20日
  • コラム
  • 33view
親らしくより、あなたらしく

子供のときに感じていた親の印象を覚えていますか?

  • 優しかった
  • 厳しかった
  • よく話を聞いてくれた
  • わかってもらえなかった

あなたはどのように親に接してましたか?

  • 気に入られようとしてた
  • 怒らせないように気を遣っていた

自分の子供には

・同じようにしてあげたい
・辛い想いはさせたくない

のように、それぞれ想いがあるのかもしれませんね。

でもそんな想いに縛られる必要ありません。

なぜなら、今あなたが自分の内面を見ているように、子供は心の面倒を自分でみます。

それは子供にとって大切な学びです。

もし子供が満たされていないように見えるなら、それはあなたの過去の投影かもしれません。

もし子供に辛い想いをさせたくないなら、あなた自身もそれを拒絶しているかもしれません。

子供が自分で心の面倒をみれるように、まずあなた自身が感情に縛られず自由でいてください。

自由であなたらしくあることが、子供の心を自由し、大切な学びを与えてくれます。

親らしくより、あなたらしく
アトピーと臨床の最新情報はこちら