よくある質問

共通

Q初回はどのくらいの時間がかかりますか?
A70分くらいかかります。受付票をご記入いただくので、10分程前にご来院ください。
Q整体って痛いの?
A触れているだけなのに不思議ですね。とよく言われます。当院の施術は基本的に痛いことはしません。
Qどのような服装がいいですか?
A自由な服装で大丈夫です。施術用ウェアもご用意しておりますので遠慮なくお申し付けください。
Q健康保険は使えますか?
A保険は使えません。自費診療のみとなります。
Q領収書は医療費控除に使えますか?
Aはい、ご使用いただけます。
Q診断書は書いていただけますか?
A申し訳ありません。診断書は医師が発行するものなので、当院で発行することはできません。
Qクレジットカードは使えますか?
A申し訳ありません。当院は現金のみの扱いとなっております。

アトピー性皮膚炎

Q通院期間とペースはどれくらい?
A大人:6ヶ月~
子供:3ヶ月~
部分的症状だけと、全体的症状とでは期間は全く異なります。ペースは状態が安定するまで週1~2回の通院をご提案しています。
Q何か持参したほうがいいものはありますか?
Aアトピーの経過が分かる写真などがあると参考になりますので、もしあればお持ちください。
Q定期的に通うのが難しいのですが
A当院はスケジュールを組める方にお勧めします。
「時間が空いたら・・・」という方にはお勧めできません。アトピーはある程度の決まった間隔で診ていくことにより、皮膚やむくみの経過を追うことができます。継続的な通院が必要であることをご理解ください。
Q遠方なので月に1回くらいしか通えないのですが、大丈夫でしょうか?
Aはい、大丈夫です。治療頻度が少ないと慢性化している人は変化がでるまでに時間がかかる場合があります。通院できない期間に症状やスキンケアについて不安や疑問なことがあれば、お気軽にメールやお電話でご相談ください。
Q整体をしていれば、塗り薬を使いながらでもアトピーは治りますか?
A塗り薬を使っているうちは完治しません。
薬は自然治癒力を押さえ、症状を治します。塗り薬をやめられない人は長期間使用している場合が多いので皮膚自体が依存状態となっています。依存がなくならない限り完治しません。ただ緊急の場合、薬も必要になることもありますので状況に応じて使い分けます。
Q今薬で抑えているのですが、悪化させないで薬を離脱することはできますか?
Aこのご要望にはお応えできません。
離脱症状は体に備わっている能力であり、それを引き出すのが目的です。稀にリバウンドなしに治しますという先生がいますが、長期で観察した場合、アトピーは完治していません。リバウンドなしに治せるというのは、短期間しか肌を観察していないからです。その期間は肌が安定していてもいずれ不安定になり再発します。アトピーの改善は短期ではなく、長期でみないといけません。
Q治療を始めてからしてはいけないことはありますか?
Aタバコを吸われる方はやめてください。やめられない方は当院はお勧めできません。
タバコはアトピー発症の原因ではありませんが、治る環境を作るのに禁煙は必須条件です。
Q病院でしみは消えないと言われたのですかが、消えないでしょうか?
A皮膚の機能が低下しているとシミが消えづらいです。その原因は塗り薬、強い保湿剤、体液循環の低下です。ステロイドを使用していると健康だったほかの肌からもボツボツのような湿疹がでてきます。ステロイドや薬をやめて体を整えていくとシミも徐々に消えていきます。長期間脱ステしていた方や元々薬を使っていなかった方も施術をしていくと消失するので心配しないでください。
下の写真はステロイドの影響で出ている湿疹・シミです。脱ステロイド後、施術をすることでシミは消えてきています。
Qサプリメントや化粧品を買わされたりしないでしょうか?
A当院はサプリメントや化粧品の販売は行っておりません。

不眠

Q通院期間とペースはどれくらい?
A3ヶ月~6ヶ月
ペースは状態が安定するまで週1の通院をご提案しています。
Q薬はやめなければいけないですか?
A飲み続けながらでも大丈夫です。薬が効く、効かないにかかわらず、とりあえず安心のために服用させれている人が多いです。不安であれば、無理にやめる必要はありません。

めまい

Q通院期間とペースはどれくらい?
A3ヶ月~6ヶ月
ペースは状態が安定するまで週1の通院をご提案しています。
Q薬はやめなければいけないですか?
A 飲み続けながらでも大丈夫です。薬が効く、効かないにかかわらず、とりあえず安心のために服用させれている人が多いです。不安であれば、無理にやめる必要はありません。
Q横になるとめまいが強くなるので、座って治療を受けることは可能ですか?
A大丈夫です。うつ伏せや仰向けになれない方は座って施術します。

最近の記事

PAGE TOP