• 2019年2月24日
  • 2020年10月28日

乳児湿疹からの治らないアトピー[0412]

乳児湿疹からの治らないアトピー。2歳女の子。生後2週間から乳児湿疹が現れる。ステロイドを使わない治療を行う医師のところへ行き、除去食を行うが良くならない。 検診のとき、他の医師に除去食を否定され「ステロイドを塗らないと治らない」と言われる。 その後、医師の指導通り、毎日たっぷりステロイドとヒルドイドを塗り、10日を過ぎたころにはピカピカになる。 しかし、5ヶ月を過ぎたころから何度塗っても同じところから湿疹がでるという状態。

  • 2019年2月24日
  • 2020年10月28日

保湿依存で赤黒くなったアトピー[0347]

保湿依存で赤黒くなったアトピー。30代女性。まぶたの乾燥、カサカサ、落屑(らくせつ)が出ている状態。また顔のむくみと目の下のしわと口元のしわが深くなっていました。一ヵ月後にはむくみは抜け、カサカサ、落屑、しわが無くなりきれいになっています。お腹の毛穴から湿疹が点々と出ている状態です。一ヵ月後、湿疹が減り、かさぶたの範囲も狭まっています。湿疹とかさぶたはほぼ消え、肌質は良くなってきましたが、日によって皮下が隆起し、肌のザラザラな箇所が確認できます。

  • 2019年2月24日
  • 2020年10月28日

乾燥肌で毎日ステロイドや保湿剤を塗っていた子供のアトピー[0417]

乾燥肌で毎日ステロイドや保湿塗っていた子供のアトピー。7才男の子。乾燥肌で毎日ステロイドや保湿塗っていた子供のアトピー。7才男の子。ずっと乾燥肌の状態が続いていしまう原因は肌の血行が悪いからです。血行が良くなると乾燥肌も改善していきます。しかし、外で元気よく遊んでいる子供であれば自然と肌の血行が良くなるので、本来乾燥肌で悩まされることはありません。子供が乾燥肌になる原因は2つあります。それは保湿剤と体の歪みです。乾燥肌に対し常に保湿をしていると皮脂腺が働かなくなります。体は変化する力があれば環境に適応しようとするので、人間がわざわざ面倒を見なくてもいいのです。体の歪みは皮膚の血行を悪くしてしまうので乾燥肌が治りづらくなります。

  • 2019年2月24日
  • 2020年10月28日

アレルギーをきっかけに再発した顔のアトピー[0366]

アレルギーをきっかけに再発した顔のアトピー。20代女性。目が開かなくなるくらいに顔面が腫れてしまい、2日経っても腫れや赤みが引かない状態。アトピー肌はもともと皮膚が弱くなっているので、アレルギーが反応したり、むくみが強くなると優先的にその肌から湿疹が出てきます。それを根本的に改善するにはむくみをなくして乾燥状態をつくり、肌を強くするしかありません。

  • 2019年2月24日
  • 2020年10月28日

体の歪みでターンオーバーが改善しないアトピー[0332]

体の歪みでターンオーバーが改善しないアトピー。20代男性。12歳の冬からアトピーを発症。季節の変わり目、疲れがまたっているとき、忙しいとき、体が温まっているときなどに悪化。悪化すると薬を使ってかゆみを抑えるの繰り返し。就職して2ヶ月した頃、アトピーがさらに悪化し、24歳のとき脱ステを行う。脱ステして一年弱、肩・肘・背中にかゆみの症状が出ており、一日の尿の回数は3~4回と少なく、便通は3~4日に一回と便秘の状態。さらに不眠もあった。本やインターネットの知識で自力で治すことに限界を感じ、他人の力を借りたいと思い来院。

  • 2019年2月24日
  • 2020年10月28日

体の歪みで治らなくなった顔・首・手のアトピー[0346]

体の歪みで治らなくなった顔・首・手のアトピー。30代女性。顔、首、肩、肘、手のアトピー。パターンとして体の歪みは首凝りを作り、首、顔、指先までの筋肉を緊張させます。皮膚が白く盛り上がり、角質が厚い箇所があります。この皮膚の下には排泄しきれない代謝物が蓄積しています。通常であれば、かゆみを伴い湿疹として皮膚から排泄されますが、皮膚や体の状態が低下しているとうまく代謝物を処理できません。

>自己紹介

自己紹介

はじめまして、初田と申します。ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 私は地元の小豆島高校を卒業後、上京し整体、鍼灸の専門学校を卒業し、鍼灸の国家資格を取得しました。 その後、都内の鍼灸整骨院に勤務しながら、7年ほどオステオパシー、カイロプラクティックのセミナーを受け、臨床の経験を積んできました。 現在はカイロプラクティック、オステオパシー、エネルギーヒーリングの手技を中心に組織のリズムを整える「触れるだけ」の施術をしています。 整体が初めてで不安な方にも抵抗無く受けていただけます。

CTR IMG