ステロイドを塗り続けてもアトピーが治らない理由

ステロイドを塗り続けてもアトピーが治らない理由

ステロイドで湿疹は消えたけど、元の肌に戻らないな~

と思ったことはありませんか?

実はステロイドを塗り続けている限り、もとの健康な肌には戻らないんです。

なぜかというと、ステロイドが肌の炎症を強制的に止めてしまい、健康な肌に生まれ変わるのを妨げているからです。

要は、いい変化を止めてしまっているんですね。

詳しく解説していきますね。

その前にステロイドについて簡単に説明しておきます。

ステロイドについて

ステロイドとは、副腎皮質で作られる副腎皮質ホルモンのことです。

副腎皮質は糖質コルチコイドというホルモンを放出しますが、この糖質コルチコイドは「抗炎症作用」「免疫抑制作用」を持ちます。

ステロイドは糖質コルチコイドを人工的に合成し、効果を強くしたものになります。

最強ランクのステロイドは、人の皮膚にもともと存在するステロイドホルモンの10万倍といわれています。

ステロイドの特徴は分子サイズが小さく脂溶性のため、皮膚からの吸収が早く即効性が高いです。

抗炎症作用

アトピー性皮膚炎は毛細血管の拡張、血管透過性の亢進、むくみが起きています。
掻き壊すと浸出液や血がすぐ出たりするのもこの原因です。

ステロイドの抗炎症作用はこれらの反応を抑え、症状を緩和します。

免疫抑制作用

ステロイドはアレルギー反応を抑える効果もあります。

アレルギー反応でヒスタミンを放出するマスト細胞(肥満細胞)に対してヒスタミンの放出を抑制します。

ヒスタミンは毛細血管拡張や血管透過性の亢進作用があります。

ステロイドを塗り続けると
肌がレベルアップできない

体は常に環境に適応する能力を持っています。
肌も空気が乾燥した環境では、表皮が乾燥しないように皮脂の分泌を高めようとします。
また皮膚の下にむくみや代謝物がある場合、皮脂腺から排出しようとします。

もし肌が環境に適さない場合は、結果的に炎症を起こし、その後再生をします。
再生した肌は、以前より環境に適応しやすい肌へとレベルアップしています。

しかし、ステロイドによって、このサイクルを止めてしまうと、湿疹は治ったけど、肌のレベルアップができなくなります。

レベルアップできない肌は、健康な肌とは違い、バリアが弱く、皮脂をうまく出すことができません。

これがステロイドでアトピーが治りきらない理由になります。

つまりアトピーを改善させるためには、肌を単に再生させるだけでなく、肌のレベルアップもしなければいけません。
レベルアップした肌は、以前と同じような負荷がかかっても炎症を起こしにくくなります。

アトピーを本当に治したいなら、いずれ脱ステしなければいけません。

またステロイドに代わるほかの塗り薬も同じことが言えます。
「湿疹を抑えて症状を楽にしましょう」という薬は肌自身の治る力に抑制をかけています。
ステロイドと同様に最終的にやめる必要があります。

まとめ

今回、ステロイドを塗り続けてもアトピーが治らない理由について解説してきました。

ステロイドは劇的にアトピーに作用しますが、先の見えない苦しみと不安も作りだします。

当院に通院しながら、脱ステした方の多くは「ステロイドを使わないだけでも気が楽だ」といいます。
ステロイドを使うということへの罪悪感やいつまで使い続けなければならいのか・・・という悩みにずっと苦しんできた人ばかりです。

あなたもアトピーへの正しい認識と体を改善することで、その悩みを解決できますので頑張ってください。

今、アトピーが悪化して
不安な方へ
  • 脱ステ・脱保湿を始めたけど不安
  • リバウンドが辛い
  • 相談できる人が周りに居ない
  • どんどん悪化して手に負えない
  • 死ぬほど辛い
  • 誰も私を助けられない

今、アトピーで悩んでいる人のために無料相談のLINEアカウントをご用意しています。 詳細は下記のリンクからご覧ください。

ステロイドを塗り続けてもアトピーが治らない理由
アトピーと臨床の最新情報はこちら
>自己紹介

自己紹介

はじめまして、初田と申します。ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 私は地元の小豆島高校を卒業後、上京し整体、鍼灸の専門学校を卒業し、鍼灸の国家資格を取得しました。 その後、都内の鍼灸整骨院に勤務しながら、7年ほどオステオパシー、カイロプラクティックのセミナーを受け、臨床の経験を積んできました。 現在はカイロプラクティック、オステオパシー、エネルギーヒーリングの手技を中心に組織のリズムを整える「触れるだけ」の施術をしています。 整体が初めてで不安な方にも抵抗無く受けていただけます。

CTR IMG