臨床からわかる!子供アトピーの原因

臨床からわかる!子供アトピーの原因

今回は幼児から中学生のアトピーの原因についてお話していきます。

臨床でよく見かけることをまとめているので参考になると思います。

子供アトピーの原因

体の歪みで湿疹が起きる

湿疹とは、行き場を失った体液が皮膚から漏れ出してくる現象です。

その原因は「体の歪み」にあります。

体の歪みとは、筋肉が緊張して骨や関節を引っ張り、体が硬くなっている状態です。

この状態では筋肉が自然に伸び縮みできず、体液がスムーズに循環できません。
そして、行き場を失った体液が皮膚から出て湿疹になってしまいます。

行き場を失った体液は、気管支や鼻からも出てきます。

  • 皮膚からの排泄:湿疹・皮膚炎
  • 肺気管支からの排泄:喘息
  • 鼻粘膜からの排泄:鼻炎・鼻汁・痰

体が歪む原因
痒みや痛みのストレス

痒みや痛みがあるとそのストレスで体に力が入ります。

それがずっと続くと体液の循環が悪くなり、皮膚の知覚も過敏になります。

体液の循環が悪くなると皮膚に栄養が行きわたらなくなり、皮膚を治すことができません
またリンパの流れも悪くなり、代謝物の回収もスムーズにできません。

過敏になった皮膚は洋服のスレや乾燥、温度変化、熱刺激(入浴など)で強い痒みを起こします。

特に湿疹周辺の筋肉はその影響をダイレクトに受けるので、痒み・痛み → ストレス → 敏感 → 痒み・痛み → ・・・のようなスパイラルに陥ってしまいます。

長期間、湿疹があると患部の皮膚や関節が動かしづらくなります。
一見、皮膚がつっぱり痛みで動かせないように見えるのですが、実際はその皮下組織筋肉が固まって動かせないことが多いです。
そのときは皮下組織と筋肉をほぐす必要があります。

水の飲みすぎ

水をたくさん飲んでも、体はデトックスできません。 逆に体液循環の悪い人が、キャパ以上の水分を摂取してしまうと、様々な症状が出てしまいます。

アトピーの人も例外ではなく、水分が多いと湿疹が悪化してしまいます。

保湿依存の肌になっている (難治性アトピー)

アトピーの標準治療はステロイドで炎症を抑え、保湿剤で肌を保護することです。 標準治療は急性期に短期間行うのは大丈夫ですが、長期間行うとアトピーの難治化を招きます。 難治化とは皮膚が塗り薬と保湿剤に依存を起こしている状態で異常なかゆみを伴います。 長期でアトピーに悩まれている人のほとんどは難治化しています。

難治性アトピーについては「あなたのアトピーが改善しない原因」にて詳しく説明しています。

掻くことが癖になっている

赤ちゃんの頃から、掻くことに対して親が過剰に反応していると子供は掻くことで無意識に親を操作しようとします。 その癖でストレスがかかったとき掻く行為が増えます。

大人はある程度掻くことを抑制できますが小さな子供はなかなか抑制が効かないので肌トラブルを長引かせてしまいます。
掻くことをやめればすべて治るというわけではありませんが、掻くことにより悪化する肌トラブルとアトピーを混合してしまい、間違った対応をしてしまうことがあります。

精神的ストレス

「子供だからストレスはないだろ・・・」と思われているご両親もいらっしゃると思います。 実際、精神的なストレスの種は胎児のときから、親によって蒔かれはじめます。 蒔いている親は無意識なためそのことには気づきません。 なぜなら自分の親からも同じことをされ、それが潜在意識の中に根付いているからです。 その根を断ち切ることは、今のあなたの役目です。

入浴

入浴時、皮脂を落としすぎている

体は乾燥すると肌を守るため皮脂を出そうとします。 アトピー肌は皮脂腺の働きが低下しているので、皮脂がでるだけで痒みになってしまうのです。
このとき、肌の掻き壊しを繰り返してしまうと一向に皮膚は回復しません。 入浴時は皮脂を落としすぎないよう注意してください。

シャワーの勢いが強すぎ

脱保湿しているけど皮膚が薄く赤いままという人の中には、入浴時シャワーの勢いが強すぎてかさぶたを落としていることがあります。 シャワーの勢いを弱めるか、かけ湯にして皮膚への負担を減らしてみてください。

食事

アレルギーを気にしすぎて栄養が偏っている

ここでお話しするアレルギーとはⅠ型(即時型)アレルギーでIgE(免疫グロブリンE)が関与します。
アトピーの原因はアレルギーが強く関係しているという考えがあるため、アトピーで皮膚科を受診するとアレルギー検査を行う場合があります。 その結果から食事制限を行っていると食べるものがなくなり、栄養バランスもかなり偏ってきます。

即時型アレルギーは食べた直後から数時間後に蕁麻疹、咳、皮膚が赤くなるなどの反応がでますが、実際にアレルギー検査で反応した食べ物を食べても症状がでないことが多いです。 アレルギーの検査結果はアトピーを治す上で重要でありません。 そもそも検査も不要です。 食べた後、アレルギー反応が出る食べ物についてだけ除去しください。

過度な食事制限は皮膚の治りを遅らせます。また、あれもこれも食べてはいけないという制限は精神的に強いストレスが掛かるため体の生命力も低下します。 食べてもアレルギー反応が出ないものはどんどん食べてください。

毎日同じものを食べている

即時型アレルギーのところでもお話ししましたが、アレルギーで食べ物を気にしていると食べられるものが少なくなり、無意識に同じものを毎日の食べさせている場合があります。 またテレビや雑誌、インターネットでこの食べ物は体にいいという情報から、それを毎日食べさせていることも多いです。

同じものを毎日のように食べて続けていると遅延型(IgG)フードアレルギーが発生する可能性があります。 これは即時型と違い、時間差で反応が出てきます。 親は食べ物が原因かどうかも分からないためズルズルと長引くことが多いです。

臨床的にはヨーグルト、豆乳、納豆、野菜ジュースで反応していることがあります。 原因不明の湿疹が続く人は心当たりのある食品を2週間ほど食べささないでください。

まとめ

今回、子供アトピーの原因について説明しました。

親や周りの大人は子供の症状を自分のものさしで測り、どうにか対処しようとしますが、ほぼ悪化に繋がります。 人間に備わる自然な能力は髪の毛一本の先まで完璧なので、その自然へ明け渡す寛容な気持ちが必要です。 整体も本来働くはずの自然の能力を元に戻すだけです。 目の前に出ている湿疹をなかったことにはできません。

また子供のアトピーに感情を振り回されないで、子供が安心して成長できる空間をみなさんに作っていただきたいと思います。

患者様の声

小学一年生ステロイドの離脱症状で不安なときも、電話で対応しもらい安心しました
7才 男の子

新京橋治療院に行く前は、乾燥肌がとてもひどく度々皮膚科に行っては薬をもらい、毎日薬やローションを塗ってましたが、徐々に効かなくなってきて量も増えてきてました。 毎日ボリボリかいてかいてかき壊しての繰り返しで陰部や頭は傷だらけでした…まだ小1なのに小さい時からずっとローションやステロイド入りの薬を塗ってきてて大丈夫かな?と毎日心配でした。

そんなときにネットでいろいろ調べてましたら新京橋治療院のサイトに出会い即予約してみました! これで治ったら嬉しいなぁと期待をしながら9月に初めて行きました! そこで先生に納得のいく説明をしていただき、治療を開始しました!

先生の治療法は素人の私からみると本当に触れてるだけでこれで治るのかなぁと不思議な感じでした! 肌に症状がでる子は内臓の働きがうまくできてなく老廃物が出し切れないため、肌に出るらしく、うちの子もおしっこにほとんど行ってませんでした。 でも先生に治療してもらうとおしっこの回数も増えてきました!

初めての治療で脱ステロイドをすることにし、最初は一気に症状が出てきますから、それに耐えられるならやりましょうと先生から言っていただき、その日から薬を塗るのをやめました! やはり症状は徐々に悪化し、顔も二度見されるくらいカサカサ傷だらけ、寝る前になると痒くなり、陰部もかいてかいてかきまくってねれない日々が続きました!かわいそうで親としてはたまらなく変わってあげたいと思っても見守ることしかできませんでした。 唯一体につけていたのは、先生に教えていただいた自作のローションでした! 先生は、顔とかカサカサになっても気にしなくていいですよー!と助言していただいたり、不安なときはすぐ先生に電話しては、丁寧に説明していただき、安心感を与えてもらいました。

そんな日々が1~2ヵ月続き徐々に落ち着いてきました! 治療を続けて5ヵ月くらいたった今ではあんなにカサカサだった全身が懐かしいくらいしっとりしています。 まだところどころ首元やお腹はかいかいが出てますが、最初の頃に比べるとずいぶん良くなりました! まだ日によってはカサカサな症状が出てますが、焦らず体の内側から治ってくれればと思います! 本当に新京橋治療院で先生に出会えたことに感謝しています! ありがとうございます。 母より

今、アトピーが悪化して
不安な方へ
  • 脱ステ・脱保湿を始めたけど不安
  • リバウンドが辛い
  • 相談できる人が周りに居ない
  • どんどん悪化して手に負えない
  • 死ぬほど辛い
  • 誰も私を助けられない

今、アトピーで悩んでいる人のために無料相談のLINEアカウントをご用意しています。 詳細は下記のリンクからご覧ください。

臨床からわかる!子供アトピーの原因
アトピーと臨床の最新情報はこちら
>自己紹介

自己紹介

はじめまして、初田と申します。ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 私は地元の小豆島高校を卒業後、上京し整体、鍼灸の専門学校を卒業し、鍼灸の国家資格を取得しました。 その後、都内の鍼灸整骨院に勤務しながら、7年ほどオステオパシー、カイロプラクティックのセミナーを受け、臨床の経験を積んできました。 現在はカイロプラクティック、オステオパシー、エネルギーヒーリングの手技を中心に組織のリズムを整える「触れるだけ」の施術をしています。 整体が初めてで不安な方にも抵抗無く受けていただけます。

CTR IMG