脱保湿のリバウンドを最小・最短にするには?

脱保湿のリバウンドを最小・最短にするには?

ここでは脱保湿時のリバウンドを最小・最短する方法について解説していきます。

「アトピーには保湿」というのがまだ一般的ですが、最近では脱保湿の方法や経過を紹介しているブログやYouTubeなどが増え、「アトピーは保湿をしない」という認識も広まってきてます。

でも、脱保湿をしてもみんなが良くなるわけではなく、次のような人もたくさんいます。

  • リバウンドが悪化し手に負えなくなる
  • 数ヶ月もリバウンド状態が続く
  • 肌がボロボロが良くならない
  • ひどい状態は過ぎたけど、きれいな肌にならない
  • あきらめて保湿や薬を再び使う

なぜ脱保湿で良くなる人とならない人がいるのでしょうか?

実は脱保湿の方法は人によって異なり、ブログやYouTubeで成功している人と同じことをしてもうまくいきません。
なぜなら、その人と自分とでは次のようなことが違うからです。

  • 体の硬さ
  • 体の筋肉量
  • どれくらいの保湿依存なのか?
  • 1日の活動量は?
  • どんな運動をどのくらいしているか?
  • 食事の量、何を食べているか?
  • どんな保湿や薬をどのように使っていたか?
  • 入浴はどうしているか?
  • 水分の摂取量はどのくらいか?
  • 休養はとれているのか?
  • どんな肌着を着ているのか?
  • そんな寝具で寝ているのか?
  • 部屋の空調は?
  • 住んでいる地域の温度や湿度は?
  • 精神的なストレスは?

これだけ多くの条件が違うので、成功している人のマネをしてもうまくいかないんですよね。

じゃあ、ひとりで脱保湿にチャレンジするのはあきらめた方がいいのか?

いいえ、そんなことはありません。
脱保湿は肌の特性を理解してやれば、リバウンドも辛くなく、異常なかゆみから早く抜け出すことができます。

その大切なポイントを解説するので、これから脱保湿を始めようと思っている人は、ぜひ読んでください。
また次に当てはまる人は、早めに脱保湿を検討してください。

  • 保湿すると余計にかゆくなる
  • 皮膚が真っ赤・赤黒い
  • 汁が止まらない
  • 傷口がグジュグジュ

脱保湿のリバウンドを
最小・最短にするポイント

脱保湿のリバウンドを最小・最短にするには、肌を乾燥させ、皮膚の血流をアップする必要があります。

その方法とポイントを説明します。

  • ウォーキングでむくみの改善
  • ランニングで皮膚の血流アップ
  • 水分制限
  • 入浴制限
  • 保湿効果となるものを除外
  • かさぶたをキープ

ウォーキングでむくみの改善

  • 肌が赤い
  • 肌が熱を持っている
  • 汁が滲む
  • すぐムレる
  • 浸出液が出てくる

保湿依存のアトピー肌は、すでに皮膚や体全体がむくんでいます。
このむくみが強いとリバウンドのとき、浸出液がなかなか止まらず、皮膚を作ることができません。
皮膚を作るためには、浸出液を止め、肌を乾燥させることが必要です。

このむくみはウォーキングで減らすことができます。

とくに一日中デスクワークの人は、たくさんウォーキングをしてください。
休みだからといって、家の中に一日中いるのやNGです。
必ず毎日外出してください。

関連記事

アトピーの人に運動はよく勧められますが、どんな運動をやればいいか分かりますか? これが分からないと、次のような問題が起きます。 かゆくなると運動をやめてしまう 治るのに1年以上かかってしまう 再発しないよう食[…]

今のあなたに必要な運動は?目的は?効果は?ランニング・筋トレ・ウォーキング

ランニングで皮膚の血流アップ

  • 脱保湿後、少し炎症が落ち着いた
  • 落屑が多い
  • かさぶたを繰り返す
  • 変化が出なくなった

このような状態な人はランニングのように少し負荷がある運動をしてください。
負荷のある運動は心肺機能を働かせるので、皮膚の代謝を促進させます。

ただし、炎症や湿疹が強い人が負荷のある運動をし過ぎてしまうと、肌のダメージが酷くなり、生活がしづらくなってしまいます。
運動量は肌と相談しながら決めましょう。

運動で肌の代謝を促進させると、新たな炎症や湿疹が現れます。
炎症や湿疹で傷ができたときは、運動の負荷を減らし、傷を回復させましょう。

関連記事

アトピーの人に運動はよく勧められますが、どんな運動をやればいいか分かりますか? これが分からないと、次のような問題が起きます。 かゆくなると運動をやめてしまう 治るのに1年以上かかってしまう 再発しないよう食[…]

今のあなたに必要な運動は?目的は?効果は?ランニング・筋トレ・ウォーキング

脱保湿と水分制限

  • 赤みが抜けない
  • 浸出液が止まらない
  • グジュグジュで皮膚ができない
  • 寝汗をかいている
  • 汗が出やすい
  • 肌がいつもムレている

これらの状態が続くと肌がふやけてしまい、正常な皮膚が再生されません。
この原因の1つが水分の摂りすぎです。

摂取した水分は、尿、皮膚、呼吸、便から体の外へと出ていきます。
出ていく水分量が1番多いのは尿で、その次に多いのが皮膚です。

必要以上の水分を摂りすぎてしまうと、皮膚からでる水分も増えてしまうため、赤み、かゆみ、湿疹、浸出液の原因となります。
さらに皮膚がふやけてしまうので、かさぶたができず、傷口も塞がりません。

「アトピーは水分をたくさん摂ったほうがいい」という情報から、1日2リットル以上も飲まれる人がいますが、これをしてしまうとアトピーは悪化してしまいます。

脱保湿のための入浴制限

脱保湿のポイントは、皮膚をふやかさない、必要なかさぶたを剥がさないことです。
そのために入浴方法や入浴時間を調整しなければいけません。

脱保湿の初期は、湯船に浸かるのは避け、2~3分の弱めのシャワーのみにしましょう。
勢いの強いシャワーで浴びていると、必要なかさぶたを剥がしてしまうので気をつけてください。
また最低週1回は綿のタオルと石鹸で体を洗ってください。

皮膚が安定してきたら、10分ほどの湯船も可能です。
アトピーに評判のある温泉もこの時期から入っても構いません。

保湿効果のあるものを除外

マスク

顔のアトピーを隠すためにマスクをする人は多いですが、マスクをしていると口元が呼気で保湿されてしまうため、顔はいつまで経っても治りません。
見た目は気になってしまいますが、脱保湿で治すと決めたなら、マスクはしないようにしてください。

肌着

肌着は綿素材のものをお勧めします。
綿素材は汗をかいていないときも余分な水分を吸ってくれるので、肌を適切な状態に保ってくれます。
ただ汗をかいて肌着を湿ったままにしておくと、痒みの原因になるので注意してください。

あと次のような肌着はなるべく避けてください。

  • 化学繊維の肌着
  • ピタッとするもの・スパッツなど
  • ムレてしまうような厚着

寝具

肌がムレたり、寝汗をかくような寝具は避けてください。

特にウレタン素材の敷布団は湿気を通しづらいため、肌がムレやすいです。
商品説明に通気性がいいと記載があっても、ウレタン素材自体通気性が悪いので、なるべく使わないほうがいいでしょう。

夏は空調を利用して寝汗をかかないようにしてください。
冬も寒いからといって、布団をかけすぎるとムレてしまうので注意してください。

長時間の汗

「アトピーは汗をかいたほうがいい」という情報から、汗をかき続ける人がいますが、長時間の汗は皮膚をふやかしてしまうため、保湿力のない皮膚を増やしてしまいます。
保湿力のない皮膚とは、ガサガサ、ゴワゴワしていて、分厚くなるとひび割れてしまいします。

運動以外で長時間汗をかいた状態にするのはなるべく避けましょう。

加湿器

冬になると風邪やインフルエンザの予防のため、加湿器をつけたくなる人も多いと思いますが、脱保湿を進めるなら加湿器は不要です。
実際、乾燥した環境で生活しているほうが、肌も喉も強くなります。

かさぶたをキープ

脱保湿を始めるとリバウンドの炎症が起きた後、かさぶたが現れます。
このかさぶたはダメージを受けた肌にとって絆創膏の役割を果たすものなので、無理に剥がさないでください。

肌が治らない理由としてよくあるのが、見栄えが悪いからという理由でかさぶたを全部剥がしてしまったり、イライラした時に癖で掻いてしまうことです。
せっかくできたかさぶたを毎回剥がしていると、肌は治ることができません。

「痒いからどうしても掻いてしまうので仕方ないのでは?」と疑問に抱く人もいると思います。
我慢できる範囲は我慢してもらいたいのですが、我慢できない範囲は仕方ないので掻いてしまっても大丈夫です。
寝てるとき無意識に掻いてしまうのも仕方ありません。
我慢できない範囲で搔いてしまっていてもゆっくり回復に向かうので安心してください。
しかし、見栄えや癖で掻き剥がしている人は回復がかなり遅くなるので注意しましょう。

では、いつまでかさぶたをつけたままにしたほうがいいのでしょうか?
例えば、手で軽くさすってボロボロ落ちてくるようなかさぶたは、すでに不要なので、そういうかさぶたが出てきたら、入浴時、体を石鹸と綿タオルで洗ってください。

脱保湿の期間と経過

保湿依存が強くない皮膚であれば、1~2週間ほどでかさぶたができます。
何回かターンオーバーを繰り返して丈夫な肌に回復します。
症状が軽く、早い人であれば1~2ヵ月できれいな状態になります。

一見、保湿依存が強くないように見えても、何度もかさぶたを繰り返したり、赤黒さが抜けない人がいます。
この場合、皮膚の血行不良が考えられるので、そのままだと肌は改善しません。
運動で皮膚の血行を改善したり、整体で体の硬さを緩める必要があります。

難治性アトピーで保湿依存が強いと皮膚の色が赤黒くなっています。
この場合、落ち着くまでの期間は半年以上かかります。
体の状態や生活環境にもよりますが、1ヵ月以内でリバウンドのピークを迎え、上下を繰り返しながら、落ち着いていきます。 

最後に

以上、脱保湿の期間・経過と最短にするためのポイントをお話ししました。

保湿が習慣になっている人は皆さん脱保湿に抵抗があります。
しかし、脱保湿をして肌が丈夫になり、以前よりも痒みが減ってくると、「保湿は要らなかったんだ」ということを確信します。
また保湿依存だった人は、あの異常な痒みは保湿が原因だったんだと実感するでしょう。

追記

ネット上には脱保湿反対派意見もありますが。。。

もし、人が保湿剤のボトルを手にもって生まれてきたなら、その人は保湿剤が一生必要でしょう。
しかし、そんなことはありませんよね?

人間の体は環境や負荷に対して適応する能力があります。
この能力は非常に優れていて、体の生命力も高めてくれます。

例えば筋肉に負荷をかければ、筋組織は破壊され、2~3日掛けて超回復が起きます。
筋肉は負荷をかける以前よりパワーアップし、エネルギーや体液の循環も上がります。 

マラソン選手が行う高地トレーニングは体内の赤血球数やヘモグロビン濃度を増加させ、酸素を確保しやすい体を作ります。

自然に属している体は私たちが思っている以上に頼もしい存在ではないでしょうか。

今、アトピーが悪化して
不安な方へ
  • 脱ステ・脱保湿を始めたけど不安
  • リバウンドが辛い
  • 相談できる人が周りに居ない
  • どんどん悪化して手に負えない
  • 死ぬほど辛い
  • 誰も私を助けられない

今、アトピーで悩んでいる人のために無料相談のLINEアカウントをご用意しています。 詳細は下記のリンクからご覧ください。

脱保湿のリバウンドを最小・最短にするには?
アトピーと臨床の最新情報はこちら
>自己紹介

自己紹介

はじめまして、初田と申します。ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 私は地元の小豆島高校を卒業後、上京し整体、鍼灸の専門学校を卒業し、鍼灸の国家資格を取得しました。 その後、都内の鍼灸整骨院に勤務しながら、7年ほどオステオパシー、カイロプラクティックのセミナーを受け、臨床の経験を積んできました。 現在はカイロプラクティック、オステオパシー、エネルギーヒーリングの手技を中心に組織のリズムを整える「触れるだけ」の施術をしています。 整体が初めてで不安な方にも抵抗無く受けていただけます。

CTR IMG