脱ステ後、アトピーが改善しない原因

脱ステしてもアトピーが治らない。その原因とは?

脱ステ後、アトピーが改善しない原因とは?

  • 脱ステをしたがなかなかアトピーが改善しない
  • 脱ステをしたけど皮がボロボロ落ちて肌が安定しない
  • 脱ステして一度肌がきれいに治ったけどまた悪化してきた
  • 脱ステのリバウンドが一向に終わらない
  • リバウンドを乗り越えたけど、以前より痒みが強くなった
  • 脱ステ後、治っている感じがしない
  • 今、自分の肌がどういう状態かわからない

このようなご相談をよく受けます。 ステロイドをやめてもアトピーが改善しない原因は保湿やスキンケア、肌が変化するだけの血流が送れていない、体の硬さがあります。 そのひとつひとつの原因を理解して取り除くことにより、脱ステ後、安定した肌を取り戻すことができます。
私がカウンセリング時にお伝えしていることを説明していきます。

保湿依存になっている

アトピーの標準治療は一般的にステロイドと保湿なので、ステロイドだけ使っている人は稀だと思います。 なので保湿によりアトピーの改善を妨げてしまっている人が多いのは事実です。
脱ステしても脱保湿をしていなければ保湿依存・難治性になった皮膚は改善に向かいませんし、継続的な保湿はいずれ悪化を招きます。 脱ステ後、なかなか改善しないと思われる方は脱保湿を検討されることお勧めします。 また現在、保湿をして悪化しているという人はすぐに脱保湿をしたほうがいいでしょう。

難治性アトピーについては「あなたのアトピーが改善しない原因」で説明しています。

関連記事

あなたのアトピーが改善しない理由について説明しています。 この記事は次のような方におすすめ 抗アレルギー薬を飲んでも痒みが治まらない 保湿で肌バリアを整えているけど一向に治らない 悪化を繰り返している […]

あなたのアトピーが改善しない理由

「脱保湿」という考え方は以前より広がってきましたが、いざ実行するとなると入浴制限、水分制限、運動などの知識も必要となるので、個人の知識やネット情報だけで行うのは心細いかと思います。 現在は脱ステ・脱保湿を推奨している皮膚科もあるので不安な方は一度受診されることをお勧めします。

またこちらのページは脱保湿の方法にいて説明しています。

関連記事

使い続けてきた薬や保湿が効かない、むしろ悪化していると感じることはありませんか? 病院で言われた通り薬や保湿を塗っているのに、痒みが強くなっている 無添加で肌にやさしい保湿剤を使っているのに、肌に合わなくなっている […]

保湿依存のアトピーを改善する脱保湿の方法

肌が変化するだけの血流が送れていない

肌が変化するだけの血流が送れていないというのは、要するに小康状態というものです。
例えば、脱ステ・脱保湿後のリバウンドは落ち着いたけど、その後、悪化もしないが改善もしないという状態です。

この小康状態から抜け出すには運動しかありません。 運動によって今まで血行が悪かった皮膚へ新たに血液を送る必要があります。 その際、変化が伴うので湿疹や痒み、炎症などの症状が再び起こります。
この症状は悪化ではなく改善するための変化なので安心してください。 逆に言うと運動してもこの変化が起こらないのであれば皮膚は改善しません。 変化が起きるだけの運動が必要です。

運動は種類によって目的や効果が異なってきます。 皮膚を変化させるにはランニングなど心肺機能を使う運動が必要になります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

アトピー対策として運動はよく勧められます。 しかし、一言にアトピーといってもその人の生活習慣、スキンケア、悪化中なのか?浸出液が止まらないのか?黒ずんでいるのか?小康状態なのか?など様々です。 勧めている方も運動効果を漠然としてしか[…]

今のあなたに必要な運動は?目的は?効果は?ランニング・筋トレ・ウォーキング

体が硬い

体が硬いとは、神経の興奮により筋肉が緊張して関節を動きづらくしている状態です。

  • 生活・心のストレスで体が硬くなりアトピーが改善しなくなった人
  • アトピーの症状がストレスとなり体が硬くなった人

心や精神的なストレスが体の緊張として現れやすい人はアトピーの悪化症状も如実に現れます。 またそのような人は旅行や入院で環境を変えると一旦改善したように見えますが、日常生活に戻ると再度悪化します。
心の習性は根強いため普段から内省を行い自分自身と向き合う必要があります。

かゆみは睡眠を妨げ体を疲弊させます。 皮膚の痛みは筋肉を緊張させ、体液循環の低下を招きます。 疲れと体液循環の低下は神経機能の低下を招き、皮膚の血流を低下させます。
この場合、整体による施術が非常に有効になります。 当院のアトピー整体は体の緊張を取ることにより皮膚の血液循環を促し皮膚の再生の助けになります。

ターンオーバーを促せていない

ターンオーバーを促す方法は運動と入浴があります。 運動は既に説明しましたので、入浴について説明します。
ある程度炎症が治まって変化が起きなくなった肌は小康状態なので、なにか変化を起こす刺激が必要になります。 例えば、温泉や熱めの湯船に10分浸かるなどの熱刺激は肌のターンオーバーを促す効果があります。 皮膚が変化する熱刺激が与えられると痒みが起きますが、これは改善のための変化なので問題ありません。 但し、皮膚が薄くなったり、ダメージが広くなったりしないよう刺激をコントロールしましょう。 最初のうちは毎日湯船に浸かるのは避けた方がいいでしょう。 常に肌と相談しながら刺激量を決めてください。

まとめ

以上、脱ステ後、アトピーが改善しない原因についてお話しました。

脱ステ後、アトピーが改善しないとご相談頂くことも非常に多いです。 長期的なアトピーは症状が強くならないように体の中で圧力を自分自身が抑えています。 この圧力を抑えていると体液循環が低下し、自分で治そうとする力が働かなくなります。 脱ステをしても改善しない人は一度視野を広くして原因を見直してみてはいかがでしょうか。

今、アトピーが悪化して
不安な方へ
  • 脱ステ・脱保湿を始めたけど不安
  • リバウンドが辛い
  • 相談できる人が周りに居ない
  • どんどん悪化して手に負えない
  • 死ぬほど辛い
  • 誰も私を助けられない

今、アトピーで悩んでいる人のために無料相談のLINEアカウントをご用意しています。 詳細は下記のリンクからご覧ください。

脱ステしてもアトピーが治らない。その原因とは?
アトピーと臨床の最新情報はこちら
>自己紹介

自己紹介

はじめまして、初田と申します。ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。 私は地元の小豆島高校を卒業後、上京し整体、鍼灸の専門学校を卒業し、鍼灸の国家資格を取得しました。 その後、都内の鍼灸整骨院に勤務しながら、7年ほどオステオパシー、カイロプラクティックのセミナーを受け、臨床の経験を積んできました。 現在はカイロプラクティック、オステオパシー、エネルギーヒーリングの手技を中心に組織のリズムを整える「触れるだけ」の施術をしています。 整体が初めてで不安な方にも抵抗無く受けていただけます。

CTR IMG